マカ画像

マカの効能と、私が服用して感じた効果について

最初に、マカは南米などに植生するアブラナ科の多年生植物です。
主に薬用のハーブとして好まれ、サプリメントなどでも市販されています。
一般的な薬用効果として、疲労回復や滋養強壮、ホルモンバランスの正常化による精力増強、生理不順や更年期障害の症状の改善、冷え性や肌荒れの改善などが挙げられます。
次はその成分に注目していきたいと思います。
マカにはタンパク質が多く含まれています。
そのタンパク質を構成するアミノ酸のうち、酸化(老化)を予防できるアルギニンや、必須アミノ酸であるバリン・ロイシン・イソロイシン・スレオニン・メチオニン・リジン・ヒスチジン・フェニルア宴jン・トリプトファンがバランスよく含まれています。
これらの必須アミノ酸は体内で合成できないために、体外からしか摂取できないものです。
次に、成長ホルモンの分泌を促進して老化の予防になる成分も、多量に含まれています。
アルギニンという成分は、成長ホルモンの分泌を活性化し、分泌量を増加させます。
亜鉛も類似した作用を示し、肌の老化予防になります。
また、他にも食物繊維、皮膚の新陳代謝を促進するビタミンB群、血行を改善するビタミンE、アントシアニン、サポニンを含有しています。
このように、非常に栄養豊富な植物であり、滋養強壮やホルモンバランスの正常化、肌荒れ防止のためにサプリメントなどで摂取することに適しています。
人類の歴史の中で長く、マカという植物はセレブ達に愛されてきました。
栽培する際には土地の栄養をほとんど吸収してしまうためか、育てた土地は数年不毛になるといわれています。
そのように言われる位、栄養の塊なのです。
次に、実際に私が内服してみて感じた効果について述べたいと思います。
私は、疲労回復や美肌効果を求めてマカを半年前に服用し始めました。
美肌については早く効果がありました。
一ヶ月服用後には、肌荒れをしにくくなり、弾力が増えたのです。
次に、熱がこもっている感じや肩こりや頭痛、慢性的なイライラを感じることがあったのですが、調査によってそれはダイエットのしすぎやストレス、睡眠不足などの原因で女性ホルモンのうちのエストロゲンが減少しているためだということが判明しました。
その後マカを知って服用を始めました。
二ヶ月ほどで、上記の症状が少しずつ改善し、ホルモンバランスの正常化の効果を感じました。
他にも、動脈硬化の予防になるといわれています。
動脈硬化は、大気汚染・紫外線・ストレス・喫煙・食品添加物の過剰摂取などによって活性酸素が増加し、その活性酸素が増えすぎることによって細胞を傷つけてしまい、血管が老化し、動脈硬化を引き起こすのです。
この活性酸素をによる細胞の損傷を予防できるのです。
動脈硬化は心筋梗塞や脳梗塞などの危険な病気とつながっています。
私はまだ動脈硬化になったことはありません。
マカを服用し続けることが予防になっているのだと思います。
また、精力増強の効果があるともいわれています。
グルコシノレ[トという精機能を向上させる成分を含有しています。
私は女性なので残念ですが、アルギニンという成分は精子の形成に必要なため、男性の不妊症に効果があるとされています。
非常に効果的なので、私はこれからもマカを服用し続ける予定です。
多くの方に知られ、その魅力に気づいてくだされば嬉しいです。

Copyright(C) 2010 マカで健康に.com All Rights Reserved.