マカ画像

メタボ体質な私をマカが元気にしてくれた

いつまでも元気でいたいという願望は、多くの人にあります。
若い頃と違って無茶が出来なくなった、疲れを感じるようになった、というのもよく聞く言葉です。
それだけ多くの人が思っていて、痛感していることです。
もちろん若い年齢だったとしても、苦しい時もあったし、辛い時もあったでしょう。
でも人は、苦しい時の記憶はあまり覚えていなくて、楽しいことや上手くいった時のことを鮮明に覚えているものです。
しかし、それでもやっぱり昔のほうが元気で溌剌としていた、と誰しもが思います。
あの頃の元気で溌剌とした時代に戻りたい。
いいえ、出来ることなら今すぐにあの頃を取り戻したい。
私はどうしたらそうなれるのか、本気で調べることにしました。
色々と調べた結果、それにはまず基本的な生活から改善することだ、ということに辿りついたのです。
それは特に、目新しいことではなく、ごく当たり前のことでした。
でも、本当に細かくチェックしていくと、私は基本的な生活をしているようで、実はそうではないということに気づかされたのです。
私の一日の生活として、朝起きて、夜寝るまでの間に、三回の食事をしています。
ごく普通です。
ただ私の場合、飲食をする量が多いのです。
若い頃のほうが飲食の量は、今と比べて少量でした。
年を取るごとに、飲食の量が増えていったのです。
そのため、今はメタボ体質へとまっしぐらです。
いいえ、メタボ体質そのものになってしまいました。
お酒も大好きなので、もうどうしようもないと言っていいでしょう。
でも、医者にこのままでは長生きできないと言われ、私は生活を改善しようと本気で決意しました。
すぐに私の頭に浮かんだのはダイエットという言葉でした。
確かに昔に比べ、体は大きくなっているのに、体力がありません。
駅の階段はダッシュで登れなくなりました。
腰痛もあり、長くは歩けません。
でも出来ないと諦めることは簡単です。
とにかく何でもいいから始めてみようと私は決意しました。
手っ取り早く感じたのは、食事を控えることでしたが、これは意外に難しかったです。
今まで好きな物を好きなだけ食べたり飲んだりしていたのですから、それが辛いのは当たり前だったのですが、やっぱり辛い。
だから大勢の人が悩むのだなと、私は改めて理解しました。
食べることが好きな私は、何とか方法はないものかと調べました。
そして食事の量は減らさず、カロリーを減らすことに注目したのです。
生野菜より温野菜を、私は大量に食べることにしました。
幸い、今はドレッシングやらふりかけやら、種類が豊富で、飽きることなく続けられました。
その成果が現れはじめ、私の体重は減り、血液検査の結果も正常値に近づいてきました。
でも、私は気力と活力をもっと充実させる手立てはないか、とずっと探していた結果、マカに辿りついたのです。
これは女性ホルモンも整えてくれるということなので、私は半信半疑で試してみることにしました。
恐いので最初は毎日飲まず、三日おきに飲んでいました。
まず、毎月の生理がちゃんと来るようになり、肌の艶がよくなってきました。
それに伴い、少しずつ朝の目覚めも良くなってきたのです。
これはすべてがマカのせいだとは言いません。
私が他に努力してきたことも大きいはずです。
でも、マカは確かに私にとっては効き目があったので、満足しています。
こちらに更に詳しくマカのダイエット効果について掲載されていますので合わせてご覧になってください。
また、マカは健康やダイエット以外にも美肌アンチエイジング効果http://copa-puppets.org/eijinngu.htmlもあるので女性にはとても嬉しいですね。

Copyright(C) 2010 マカで健康に.com All Rights Reserved.